読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kiss Diary

好きなものを好きなだけ

ジャニーズとわたし②JUMP

Hey!Say!JUMPがデビューした時のことは正直あまり記憶に残ってません。
嵐ファンだった私にとって彼らは"嵐の後輩"という認識しかありませんでした。
悪い印象は無かったもののいい印象もなく…
しいていうなら93年生まれの私にとって同世代だという親近感はありました。

しかし、2015年の春。
じわじわとJUMP旋風(というか伊野尾旋風)が巻き起こるのです!

最近のきっかけは伊野尾慧さんが「戦う書店ガール」チームでVS嵐に出たことでした。

何だこの女の子のみたいに可愛い子は!!!

一瞬にして和まされました。
しかしこの時はHey!Say!JUMPの子なんだなぁ〜という認識ぐらい。

だけどこの時、すごく印象に残ってる会話があります。
伊野尾のHey!Say!JUMPでの役割ってなんなのー?という嵐兄さんの問いかけに
「Hey!Say!JUMP9人もいるんで、もう4人ぐらい何もしなくてもいいんですよねー。だから最近はもう、役割無いって言ってます」

(※ニュアンスです)

この少し冷めた感じ…好きだ。

嵐では二宮担ということもあり少し屈折した俯瞰的な子(褒めてます)が好きなんです私。

だけどこの時私は大学を卒業し、就職したばかりの新入社員。
テレビを見る時間も殆どなく、伊野尾さんのことは忘れていきました。

次に伊野尾さんを認識したのは24時間テレビ前後。
この時もかわいい子だなぁ…と思いつつもまだ沼にははまりませんでした。(ある意味平和)

恐ろしき伊野尾沼にはまったのは雑誌「Hanako」の「猫と男が幸せを呼ぶ」
そう、伊野尾さんが猫ちゃんと表紙をつとめたアレです!!

世の中にこんなにかわいい子っているんだなぁ…(小並感)

それから歌番組でちらほらとHey!Say!JUMPを見たり、いただきハイジャンプを見たりして
最終的には1人の伊野尾担が出来上がりました。

今となってはドル誌を買い漁り、出演番組は全て録画し、日々写真を眺めてはニヤけるただのオタクです。
今のJUMPは今しか見れないからね!
少しでも残しておかないと!!(という言い訳)

伊野尾さんが1番好きですけど、基本的には箱推し。
みんな好き♡(圭人風)です。
Hey!Say!JUMPの魅力の1つ、それは仲の良さだと思います。
みんながみんなの事を大好きで、つねに支え合っている。
そんなHey!Say!JUMPが大好きです。